2021年5月6日木曜日

「はじめまして!」

 

はじめまして、今年の4月に入社しました新人のトオヤマです。

 

入社してから初めてのブログなので、自己紹介をさせていただきたいと思います。

名前は遠山 魁人(トオヤマ カイト)今年で21歳になります。

出身地は東京。小学校から10年間ほど空手を習っていて、高校では水泳部と弾き語り部に入っていました。今とは真逆で真っ黒で筋肉質でした(笑)

 



 

アウトドアとお酒(特にビール)とラーメンが大好きです!趣味はサウナ・温泉巡り、ギター、ビリヤード、ドライブ、キャンプ、食べ歩き・・・ここでは書ききれないほどたくさんあります(笑)。色々なことに興味を持つのはいいのですが、中途半端になることがあるのでもっと深めていかなければと思っています(笑)

 



 

歳もまだまだ子供で、技術も知識も未熟ではありますが、自分なりに貢献できるよう精進致しますので皆様よろしくお願いします!

 

 

せっかくなので今一番はまっているサウナについて書かせていただこうと思います。

 



 

とはいえ、私自身もサ活歴は浅く去年からハマり始めました(笑)

それまでは特に興味もなく、行くメリットも感じていなかったのですが、普通に遊んでいたときに友人に連れられてなんとなくついて行ったのが私のサ活デビューでした。

 



 

サ活の流れとしては、はじめに普段と同じように体を洗い、湯船につかり体を温めます。

その後、体の水滴をふきサウナ室へと入っていきます。サウナについている12分計にてある程度の時間を決めたらそこからひたすら汗を流します。ちなみに目安は限界から1分間みたいです。(これが結構きついです(笑))

サウナ室を出た後は水風呂に入り、呼吸が冷たく感じてきたらあがって外に出て外気浴をします。

 



 

この「外気浴」がポイントです。

急激な温度の変化で血流が早まり、頭がくらくらしてきます。デッキチェアに寝ころび、風に当たりながらその現象を落ち着かせます。自分はこの流れを毎回3セットしています。セットを重ねるごとにサウナ室での時間を長くして、セット間にオロナミンCとポカリを混ぜた特製ドリンクを摂取します。

 



 

このセットを繰り返し訪れる快感をサウナ界では「ととのう」というそうです。ちなみにととのうは平仮名だそうです(笑)。私はこの「ととのう」ことにハマってしまったのです。

サ活をした後は老廃物が汗とともにすべて流れ、疲労も取れ体がとても軽くなります。毎日の疲れを取りたいときやさっぱりしたいときにはもってこいです。

サ活をしているときは黙っているのが暗黙のルールなので、このご時世でのストレス発散にも良いと思います。

皆様もぜひととのいに行ってみてください!!(笑)

 

 

話が長くなってしまいましたが、これからたくさんチャレンジして、たくさん経験して、自身のレベルアップに努めていこうと思うのでよろしくお願い致します!

 

以上、新人のトオヤマでした!





2021年4月26日月曜日

デッドスペースの有効活用

 

こんにちは。

本社コーディネーターのサイトウです!

皆さんは家の中でデッドスペースになっているところってありますでしょうか?

色々家の中を見渡すとどこかしらあるのではないかと思います。

今回私は洗面化粧台のドレッサー部分の奥を利用して予備のバスマットを仕舞う

場所を作りました。

使用するのは突っ張り棒と突っ張り棒を受ける部材の2点です。

 



これは100均で購入しました。

突っ張り棒ってうまく付けないと落ちてしまう事ってよくありますよね。

でもこれを使うと落ちないのと、取り付ける壁に跡が残らないって思い購入してみました。

便利なものがありますね~

商品が付いている時に写真を撮れば良かった(;^_^A 

 



付けるとこんな感じです。

突っ張り棒も100均です。

なのでかかった費用は200円です(^^

本当は無地のホワイトが良かったのですが合うサイズがなく柄がついている突っ張り棒にしました。

奥なので見えないから良しとします!

 



完成!

 



バスマットをかけてみました。

 



奥なので全く気にならないですよね。

 

もう少し手前で下げた位置にもう一本付ければ雑巾とかもかけられますね!

今度もう一本購入しようと思います。

 

皆さんも家の中を見渡してみて、使用できるスペースがあれば有効活用してみてください。





2021年4月20日火曜日

2021プロ野球開幕戦

 

こんにちは! 本社・イシカワです。

 

今回は久しぶりの野球ネタです()

 

コロナ禍の中、高校野球の選抜大会も無事に行われ、東海大相模高校の優勝で

幕を閉じました。

我が巨人軍(?)の原監督も、母校の優勝にさぞかし喜んだ事ではないでしょうか♪

 

プロ野球の方も上限1万人の有観客での試合が開催される事となり、

私も2017年以来4年ぶりの開幕戦に行ってまいりました。

今回はコロナ対策を中心にリポートしますね(^^)/

 

先ず、東京ドームの換気性能について!

皆さんもご存じの通り東京ドームの屋根はガラス繊維の膜で出来ていて、

加圧送風機により内部の気圧を高めて膨らませていますので、

そもそも換気性能の高い建築物であると言えると思います。

それを現在は稼働させる加圧送風機の台数を1.5倍にして

換気量を5割増強しているそうです。

 

加圧送風機に関しては、冬季の積雪時や、火災避難の際の全扉解放による

減圧時にも膜が降下しないよう、余裕の36台を備えているそうで、

従来はそのうちの12台程度の稼働で間に合っていたものを18台に増やし、

吸気量を120万㎥から150万㎥にまで高めているそうです。

 

またコンコースには、空調を停滞させず換気を促すように、

搬送ファンが設置されています。

 




 

 

 

次に自動入場ゲートの導入です!

従来は紙のチケットの半券を係員の方がもぎっていましたが、このシステムの導入に

より半券もぎりの作業が無くなり、非接触化により感染症対策になっています。

 



 

来年からは場内の全売店を完全キャッシュレス化するそうで、それに先駆けて

今年からクレジットカード・電子マネーに加えて、QRコード決済も

導入しているそうです。

 

 

観戦のルールも今までとは変わっていて、マスク着用や手指のこまめな消毒は

勿論の事、ジャイアンツの応援ではおなじみのタオル回しやグータッチは禁止、

試合が終わって退場する際も、混雑緩和のために規制退場となっています。

一方座席は前後左右を空けてチケット販売されているので、

観戦するには快適でしたね♪

 



 

 

今回試合前のセレモニーは、特別な演出も有名人による国歌斉唱も無く、

ちょっと寂しい感じでしたね(^^;

 






 

ゲームの方は今シーズンに限り延長戦を行わない事になっていて、開幕戦から

引き分けになりそうな展開でしたが、亀井選手の劇的なホームランで勝利を収め、

自分の開幕戦観戦時の連勝記録も6に伸びました♪

 



 

コロナが終息したら、今年は関西遠征に行きたいと思っているのですが、

どうなる事やら…。

 

 

 

ではでは(^^)/

2021年4月15日木曜日

新入社員のご紹介

 

皆様こんにちは、本社の丸山です。

4月1日より3人の新卒社員が仲間入り致しましたのでご紹介します。



私の隣、左から江戸川支店配属の佐藤さん
本社配属の伊藤さんと遠山くんです。

これから3人は、様々な経験や努力を積み重ねて行って、お客様に頼りにされ
又、喜ばれるハウジングプランナーに成長していくでしょう。

皆様、ご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。







2021年4月10日土曜日

新しいウォシュレットを交換して思った事。

 

総務部の齋田です。

 

先日、自宅の温水洗浄便座(ウォシュレット)が壊れてしまいました(T_T)

 

早速、TOTOのウォシュレットに取り替えたのですが、思った事があります。

(使用していたトイレがTOTOでしたので、そのままTOTOにしました。)

 

それは以前より掃除する回数が減ったなと。

 

トイレ掃除は自分の担当で、以前は2~3日して便器の中が汚れてきたなぁと思ったら、掃除してました(-_-)

 

取り替えてから一週間、「あれ?最近掃除してないなぁ」と思い、便器の中を見てもあまり汚れていませんでした。

 

そして、古い便器でもプレミスト機能は効くんだなと驚きました。

(使用頻度にもよるので、一概には言えませんが・・・)

 



 

ちゃんと掃除すれば良いことですが、ちょっとトイレ掃除を楽にしたいなぁと思っている方がいらっしゃるなら、新しいウォシュレットに取り替えるのも良いかと思います。




2021年4月5日月曜日

『大島小松川公園』

 

こんにちは、江東本社のマスヤマです。

先日、『大島小松川公園』に行ってきましたので少しご紹介します。

 

大島小松川公園は

旧中川を挟んで江東区と江戸川区にまたがり、

平常時はレクリエーションの場として利用され、

災害時には20万人の 避難場所となる防災公園です。


スポーツ施設を中心としたスポーツ広場、わんさか広場、自由の広場、

季節の広場(北側と南側)、風の広場の五つのブロックがあります。


自由の広場に隣接してお子様に人気のアスレチック広場と

バーベキュー広場あり、駐車場(有料)も完備しています。

※東京都東部⑦公園 ホームページより

 

 

私が行ったのはちょうど41日で、桜の花も落ちはじめていましたが、

まだまだ十分にお花見気分が味わえる状態でした。

中には桜が満開状態の木もあり、もう少しの間桜を楽しめそうでした。。

 





 

少しぼやけていましたが、スカイツリーも見えて

たまにゆっくり過ごす場所としてよかったと思います。

 



 

ちょうど3時のおやつを食べているところだったんですが、

隣でレジャーシートにおいてあったお菓子をカラスが持ち去るのを

見たので、飛んだ方向へ跡をつけたのですが・・・

 



 

チョコチップクッキーの袋が落ちていて口が開いていました。

袋に入ったお菓子をどう食べるのか覗いて見ると、

すでにくちばしで開けたのでしょうか?中身が出ていました。

 

カラスってすごいですね。。。

 

その後、カラスが再度戻ってきたのでちょっと観察してましたが、

よく見るとクッキー2つくわえてます。

 






 

カラスってすごいですね。

 

 

※大島小松川公園にいってみたまとめ※ 

 

桜が見える

 

緑の芝がきれい

 

カラスと会える

 

アスレチック広場で子供が遊べる

 

そんなところでした。

 








2021年3月30日火曜日

ホームシアターの豆知識

 こんにちは。ハウジングプランナーのクワハラです。

最近TVや音響にこだわりたいとの相談が増えてきましたので、今回はホームシアターなどのスピーカー設置について、簡単にお話しさせていただきます。

簡単にとは、スピーカーの話は配線一つにしても奥が深いので、私の独り言として触れる程度にお話させていただきます。


スピーカーの話の前に鳴らす音源のお話をさせていただきたいと思います。

下のロゴをどこかでご覧になられた事はありますか。

TVやブルーレイプレイヤー、DVDやブルーレイディスクなどでも、このラベルがついてますよね。

これは簡単に言うと再生するTVやプレイヤーであれば『映像や音声をこの様な形式まで再生可能ですよ、ディスクであればこの音源で録音していますよ』というものです。


昔のTVやラジカセなどはスピーカは1個や2個でしたので、モノラルやステレオ音源でした。簡単に言うとイヤホンで音楽を聴いたときに左右が同じ音が鳴っているのがモノラル、右左の音を変えられるものがステレオです。

下のラジオの写真はスピーカー1個ですのでモノラルです。

左右違う音が流せるという事は、例えば離陸前の飛行機が右から左に走り抜けるなどの、左右のスピーカー音が違うので臨場感ある表現が出来ます。


スピーカーが増えれば音を細かく割り当てられるので臨場感があり、目をつぶると飛行機が目前で飛び立っていくのを感じられます。

スピーカーの音が集まる音場を造るのにスピーカーの数や配置を考慮すると、音が立体的になり、自分の周りを飛行機が飛び回っている様に感じられます。

この様にスピーカーの数や設置位置、映像の設定で映画の印象はガラッと変わります。


映画製作者の意図した音声と映像が再生できる基準がTHXであったり、Dolbyデジタル、Dolby Atmos であったりdtsなどの規格になりますので、規格によってはスピーカーの数が多い方がより楽しめたり、2chでも楽しめる規格があったりと、規格によって楽しめる幅が違うとご認識いただければと思います。

スピーカーの数の呼び方は3.1ch、5.1ch、7.1chなどと呼びます。

下の画像の赤丸箇所の構成はTV左右のフロントスピーカーとTV下にあるセンタースピーカー重低音専用のウファーです。スピーカー3台にウファー1台ですと3.1chと呼びます。

ウファーが無ければ3chとなります。

正面の3.1chに後ろの下の写真の赤丸ヶ所2台を追加して5.1chです。


下の画像は先ほどの赤丸ヶ所5.1chを含め、スピーカーは全部で14個です。


ウファーを除いた棚置きのスピーカーが9個、天井が4個で構成していて呼び方は9.1.4chと言います。最後の.4の所が天井埋め込み個数になります。

こちらのスピーカー配置で Dolby Atmos 対応音源を再生すると、飛行機が頭上を飛び回ったり雨音や銃声など、平面的な音ではなく立体的で音が天井から降り注ぐリアリティー溢れる体験が出来ます。


※上記画像は Dolby Japan 様ご提供いただきました。
Dolby Atmos HPにもスピーカー配置の説明があるので
よろしけれがこちらからご覧になってください。


TV左右のフロントスピーカーはメインの音、
真ん中のセンタースピーカーは、正面の人の話す声、
その他のスピーカーはサラウンドと呼ばれ、通りすがる車や風の音、競技場の声援など、環境音を担当します。
サラウンドという名前の通り、音に包まれる空間づくりにこのサラウンドの数が大事になります。

最後に床や窓が振動するくらいの重低音を受け持つウファーは床置きでTVボード横に配置しています。

振動が出るのでカウンターや棚の上には設置できませんし、収納の中で扉を閉めての配置もできないのが難点です。


こちらの住まいのサラウンド配置はTV正面上のフロントハイトスピーカーや後ろ4つと天井4つは、ヘリコプターや車のクラクション、子供の叫び声など頭上を含めた色々な角度で独立したサラウンドを受け持ちます。


ハイトスピーカーと天井スピーカーを覗いた5.1chチャンネルが一般的ですが、建て替えの際は、ハイトスピーカーと天井スピーカーを検討されてはいかがでしょうか。


造作家具や間接照明も入れると、住まい方が変わり楽しめると思いますので、
計画されている方はぜひご検討ください。


弊社では造り途中の住まいを常時ご案内できますので、
ご興味ある方はご連絡いただければと思います。
ではでは